トップ

フリーで住宅ローンを組む

フリーランスと住宅ローン

フリーは家を買えない?

自分の人生を100%自分でコントロールできるライフスタイルとして、憧れる人が多いフリーランスで生計を立てる人々の暮らし。確かに自分のスキルで収入を得て、自分の決断で物事を進められるという自由はなにものにも捨てがたいもの。プロフェッショナルとして確固たるスキルを持つフリーランスであれば、自分の腕で稼ぎたい、と一念発起してフリーランスの道を選んだことに満足しているはず。

しかし、実際の生活では会社員時代の方がスムーズに事が運んだだろう、ということも多々あるのがフリーランスの現実の一面です。例えば、結婚して子供もある程度大きくなり、ゆとりある子育てのためにもマイホームを購入したいと決心したときです。フリーランスで住宅ローンについてはこちらのサイトがおすすめです。

一般的にフリーランスの方の場合は、会社員や公務員と比べるといわゆる社会的信用が高いとは言えないことが現状です。結果として、住宅ローンを組みにくいことが多いといえるでしょう。会社のようないわゆる組織の後ろ盾がないフリーランスは、よほどの実績がなければ銀行ローン申し込み先となる金融機関で「信用」されることは難しいというこの事実は、よく考えれば当たり前といえば当たり前のこと。なぜなら、あなたに一軒の家をあがなうために必要な資金を肩代わりする金融機関の担当者は、あなたがどのような基盤で生計を立てているのかわからないからです。住宅ローンを支払える証明として、以下の準備が割いて必要になることを知っておきましょう。

■確定申告書が与信判断の基準となります。すくなくとも3年間分の確定申告書をそろえておきましょう!

■一般的に会社員の方よりも頭金の準備が多く必要になることが多いようです。購入額の2-3割程度の頭金は準備しておきましょう!